ブログ運営はConoHa WING + アルファSSL

成約率の高いキーワードを知りたいのですがどうすればいいですか?【1分 Q&A】

筆者自身が持ち合わせている経験の回答で恐縮ですが、まず成約率の高さを何%に定義するかでだいぶ変わってしまうと思います。

なので、アバウトな回答になってはしまいますが、傾向としては

  1. 〇〇を比較してみました
  2. 〇〇でオススメ〇選
  3. 〇〇を体験してみた

辺りのタイトル系は、スゴくベタではありますが平均して成約率が高いと言えるところです。

比較やおすすめ系のコンテンツやブログ記事は上位表示の難易度が高い

ただ、先ほど紹介した中でも、特に「〇〇比較」や「〇〇でおすすめ〇選」などで検索上位をとるのはスゴく難易度が高いです。

とはいえ、正直、キーワードを選択する側(Webサイト運営側)からして、何で検索上位をとれれば良しとするのかは、かなり定義がブレるのでコレも難しいところと言えます。

広告商品やサービスを1つに絞ったLPを別途作成して内部リンクしておく

「〇〇比較」や「〇〇でおすすめ〇選」はスゴく難易度が高いのですが、ブログサポートをしてきた中での共通施策として、同一サイト内で個別のLP(ランディングページ)を作成して内部リンクをさせておくようにしています。

成約率の高いキーワードを知りたいのですがどうすればいいですか?【1分 Q&A】AMラジオ風

個人的なベスト記事は「〇〇を体験してみた」系のブログ記事

昨年から、一気に数十サイトを同時に運営してみて思ったのは、アクセス数にこだわらないキーワード選択のほうが、成約率を中心に考えるのであれば有効なのかなと考えています。

アクセス数か1PV当たりの収益性か?

実際に、収益性を中心に考えた場合、1PV当たりの収益単価は50記事くらいの特化型ミニサイトや、日記ブログ系で書いてきた

  1. 〇〇を体験して見た
  2. 〇〇を使ってみた
  3. 〇〇の使い方

あたりの、商品やサービスを1つに絞った体験談系の記事の方が高いのが正直なところです。

とはいえ、これはあくまでも経験則的なモノだし、定量データを公開して話しているわけではないので、自分流でやっていきながら見い出していっても良いと思います。

けれど今回、回答した内容でコンテンツを組んでいった方がそこそこ収益化は早いと思います。

筆者はアクセス数にこだわりたいほうです

筆者の場合、月間の総アクセス数が欲しい理由としては、メインで運用しているユニコブログ®で、月間100万PVという目標があるので、コツコツブログ記事として積み上げているというのもあります。

一瞬、月間50万PVまで見えていたのですが、現在は20~25万PV当たりをうろついている感じです。

2020年に起業してブログサイトを開設して、こんな色々ある中で月間100PVガ達成できたら、それそれで結構スゴいと自分を褒めても良いかなと思っているので、個人的な目標として美座しているという所です。

体験の仕方やコンテンツの作り方は複数のアプローチが出来る

体験談系のブログ記事は、1つにまとめてリライトしていきながらコンテンツボリュームを増やしていくやり方もありますし、細かく記事を分けて検索者の意図にバチッとHITするようなキーワードで書いていってもどちらでも良いと思います。

というのは、同じジャンル、同じテーマで複数サイトやってみたのですが、検索エンジンのアルゴリズム更新などで、今回はこっちが上がった、今回はこっちが下がったみたいなのを繰り返すので、大きなリズムとしては、現時点では長期でみたらあまり変わらないのかなと感じています。

なので、やはり重要なのはサイトコンテンツを少しずつでも増やしながら長く続けて行くとだと思っています。

● ブログで月間30万PVになるまでやってきた3つのこと

次は50万PVの記事を書けるように頑張って行きたいなと思っています。

カテゴリー:
「一問一答ブログ」は

ConoHa WINGレンタルサーバーの

ドメイン永久無料特典で運営されています
ConoHa WING
関連記事