ブログ運営はConoHa WING + アルファSSL

ブログ記事で必要な文字数はどれくらい?【1分 Q&A】

ブログ記事を書いていると、どれくらいの文字数があれば良いのか気になりますよね?

そんな疑問にYouTubeで答えているのですが、この一問一答ブログでもう少し文章を足して回答していきたいと思います。

ブログ記事で必要な文字数とは?

ブログ記事で必要な文字数なのですが、それは主題にする「キーワード」、検索ユーザーからみたら「検索クエリ」によって全く変わってきます。

なので、ブログ記事に必要な文字数というのはないというのが結論です。

ブログ記事の内容で何を説明していますか?

ブログ記事で必要な文字数【1分 Q&A】AMラジオ風

例えば、ブログ記事を手書きで軽く下書きするために、「下書きに使う鉛筆の選び方」をテーマにしたとします。

この場合

  1. 鉛筆を使うときの色々な用途
  2. どんな鉛筆があるのか?
  3. 下書きに使える紙は何があるのか?
  4. 鉛筆の選び方のポイント
  5. 鉛筆の持ち方などの様々なTips

ざっくりですが、これらの情報をブログ記事に織り込む感じになるかと思います。

この時の文字の量は、筆者の場合はだったらおそらく骨子となる記事が10,000文字くらいになって、各章に紐付く枝葉の記事は2,000〜5,000文字くらいになると思います。

けれど、上記の記事の中でさらに枝葉のブログ記事を書くときに

鉛筆の持ち方

という検索クエリ、いわゆる検索してきたユーザーの検索意図を満たすブログ記事の文章量はどれくらい必要でしょうか?

参考記事 : 鉛筆の正しい持ち方 – 日本筆記具工業会

で確認することが出来ますが、図形を用いて分かりやすく200文字程度で説明されています。

検索ボリュームは月間10,000以上のキーワード

しかし、この鉛筆の正しい持ち方というキーワードボリュームは月間10,000以上もあります。

しかし、上位のサイトをさらっと確認した感じですと、ほぼ数百文字と分かりやすい写真やイラストで解説されています。

  1. 分かりやすい画像や写真が掲載されている
  2. 最小限の必要な文字数で分かりやすく説明されている
  3. 鉛筆に関する専門的なところがその情報を公開している

この3つがポイントではないでしょうか。

ブログを収益化するならどうする?

この場合、物販アフィリエイトやアフィリエイトサービスとして広告を選ぶならどうするでしょう。

筆者の場合でしたら、

  1. 色鉛筆の物販アフィリエイト
  2. 絵の描き方、文字の書き方に関するサービスのアフィリエイト
  3. 「鉛筆が作られるまで」みたいなサブ記事を更に作成して「フルオーダーのオリジナル鉛筆制作」のアフィリエイト広告へ繋げる

上記3つの構成を考えると思います。

ブログ運営は人生を変えてくれる素敵なパートナーになります

上記のように、「鉛筆の持ち方」1つとっても、収益化の機会を掴むことが可能です。

この鉛筆の正しい持ち方をベースにした特化ブログは、もうココで書いてしまったので筆者は扱わないですが、こうして、更に実際の自分の体験などを文章に添えながらブログ型サイトを運営して続けていくことで副業をすることによって、人生の選択肢を広げていくことが可能です。

1日100文字とか200文字でも、毎日積み上げて書いていけば、2〜3年かかったとしてもしっかりとした特化ブログを作成することだって可能です。

これを機会に、ブログ運営に興味を持ってもらえれば幸いです。

  1. レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選
  2. ブログの開設は簡単にできる!サーバー&WordPressテーマ組み合わせ3選!
  3. レンタルサーバーとWordPressのテーマ選びに困ったらConoHa WINGとTHE SONIC

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カテゴリー:
「一問一答ブログ」は

ConoHa WINGレンタルサーバーの

ドメイン永久無料特典で運営されています
ConoHa WING
関連記事